健康創造塾

各種の健康情報を発信

■アメリカで、大塚製薬が開発したチップ内蔵薬を初承認 体内から信号を発信し飲み忘れ防止

 

 アメリカの食品医薬品局(FDA)は14日までに、服用すると信号を発し、体に貼り付けた検出器で薬を飲んだことを記録・確認できる薬「エビリファイマイサイト」の販売を承認したと発表しました。マイクロチップが埋め込まれた世界初のデジタル薬といいます。

 統合失調症の治療などに使われる抗精神病薬で、飲み忘れや飲み過ぎを防止し、適切な服用を続けてもらうのが狙い。大塚製薬(東京都千代田区)が製造・販売する抗精神病薬エビリファイ」(一般名・アリピプラゾール)に、アメリカカリフォルニア州のプロテウス・デジタル・ヘルス社が開発したマイクロチップを組み込んで、「エビリファイマイサイト」を共同開発しました。

 患者が望めば、医師や介護者、家族らと記録を共有することも可能で、効果的な治療につなげることができます。

 大塚製薬とプロテウス・デジタル・ヘルス社によると、薬の中に薄い銅や金、マグネシウムでできた約3ミリのマイクロチップが埋め込まれており、患者が飲んだ薬が胃液に触れると電気信号を発します。信号は細胞を伝わり、患者の脇腹に貼り付けたパッチ状の検出器でキャッチ。薬をいつ飲んだかという情報をスマートフォンタブレット端末に転送します。マイクロチップは一定の時間がたてば、体内で消化・吸収されずに体外に排せつされるといいます。

 大塚製薬は、「アメリカで少数の患者に使用してもらい、製品の価値を確認していく」としています。

 

 2017年11月15日(水)