健康創造塾

各種の健康情報を発信

■京都市、宝ヘルスケアに改善指導 無承認でサプリの効能を表示

 

 宝酒造グループの健康食品会社「宝ヘルスケア」(京都市中京区)の販売するサプリメント「フコイダン」シリーズについて、承認を得ていないのに効能をホームページ(HP)に掲載していたとして、京都市が同社に対し、医薬品医療機器法に違反する可能性が高いとして改善を指導していたことが8日、明らかになりました。

 同社は、HPから効能の記述を削除しました。

 持ち株会社宝ホールディングスによると、宝ヘルスケアは海藻などに含まれる粘り成分のもとの「フコイダン」を用いたサプリメント商品について、同法の承認を得ていないのに「抵抗力を引き出す」との効能をHPに掲載していました。

 京都市は10月19日、宝ヘルスケアに立ち入り調査。この記述について、健康食品では表示が認められていない「免疫機能の向上を暗示する表現で望ましくない」と指摘し、変更するよう指導しました。同社は、記述を「昆布(こんぶ)のネバリの力」という表現に改めました。

 また、宝ヘルスケアの「お客さまセンター」担当者が商品を問い合わせてきた消費者に対し、「花粉症が楽になった」「がん治療中の人の検査数値がよくなった」といった商品使用者の体験談も伝えていました。この点も京都市は「専門の医師や薬剤師ではない人が効能を示している」と指摘し、同社は中止しました。

 宝ホールディングスの担当者は、「法に抵触するかどうか微妙な表現だったが、商品の特性を伝えるため掲載した」とした上で、「真摯(しんし)に反省し、再発防止を徹底したい」と話しています。

 

 2017年11月9日(木)