健康創造塾

各種の健康情報を発信

■2017年の世界の平均気温、上位3位に入る見通し ドイツで開幕のCOP23で発表

 

 今年の世界全体の平均気温は、観測史上、上位3位に入る高い気温になる見通しだとドイツで開かれている国連の会議「COP23」で報告され、調査を行った国際機関は、世界規模の温暖化対策を強化しなければ気温上昇の傾向は今後50年は続く恐れがあるとしています。

 これは世界気象機関(WMO)が6日、ドイツのボンで開幕した地球温暖化対策について話し合う国際会議、COP23の会場で発表しました。

 WMOによりますと、今年1月から9月までの世界全体の平均気温はおよそ14・8度で、産業革命前と比べて1・1度高く、観測史上、上位3位に入る高い気温になる見通しだということです。

 平均気温が最も高かったのは昨年で、2番目に高かったのは一昨年だったことから、WMOは地球温暖化による気温の上昇傾向がこの3年間でより顕著になっているとしています。

 また、今や世界人口の約3割が、毎年少なくとも数日間「極度の高温」を経験しており、命を奪う可能性があるほどの熱波にさらされる人の数は2000年以降、1億2500万人増加したといいます。

 今年は、勢力の強い3つのハリケーンがアメリカ南部やカリブ海で大きな被害をもたらすなど、世界で異常気象とみられる災害が相次ぎました。

 WMOは地球温暖化と異常気象の頻度との因果関係については断定できないとしていますが、「世界規模の温暖化対策を強化しなければ、気温上昇の傾向は今後50年は続く恐れがある」と指摘し、警鐘を鳴らしています。

 

 2017年11月7日(火)