健康創造塾

各種の健康情報を発信

■医療機関の虚偽や誇大な広告、279件を把握 厚労省がネットでパトロール

 

 医療機関によるホームページ(HP)上での「絶対に安全な手術を提供します」といった虚偽や誇大な広告の取り締まりに向け、厚生労働省が8月下旬からインターネット上でパトロールを始めたことが4日、明らかになりました。

 こうした広告は特に脱毛や脂肪吸引などを行う美容医療の分野で目立ち、施術効果を誇張したり、安価な料金を掲載したりするケースが多いといい、不適切な記載があるとして把握できたのは9月末までに279件でした。厚労省は、当該の医療機関に改善を求めます。

 今年6月、医療機関のHPを「広告」とみなして、虚偽や誇大な広告を罰則付きで禁止する改正医療法が成立しており、来年6月までに施行されることになっています。施術効果の誇張などの恐れがあれば、自治体が医療機関への立ち入り検査などを実施し、違反があるのに改善しなければ罰金などを科します。

 インターネット上でのパトロールは、厚労省が改正医療法の施行に先立って策定し、公表していたガイドラインに基づき実施。委託を受けた日本消費者協会が、医療機関のHPを監視しています。

 

 2017年11月5日(日)