健康創造塾

各種の健康情報を発信

■塩野義製薬、新規インフルエンザ治療薬を厚労省に申請 1回の経口服用で翌日から効果

 

 塩野義製薬大阪市中央区)は25日、インフルエンザを1回の経口服用で治療できる新規インフルエンザ治療薬「Sー033188」の製造販売承認を厚生労働省に申請しました。

 1日2回、5日間服用するタミフルなどと比べて、患者が使いやすいのが特徴です。タミフルと比べて効果が高く、臨床試験では服用の翌日には患者の半数の体内でウイルス濃度が低下していました。他人への感染を抑える効果も期待できるといい、家庭や職場での感染拡大を抑制できる可能性があります。

 タミフルなど従来の治療薬は、増殖したウイルスが細胞の外に出ないよう阻害する仕組みで、5日間は治療を継続する必要があります。塩野義製薬の新薬は、ウイルスが細胞内で増殖するために必要な酵素を阻害する仕組みで、1回の服用で治療が完結します。

 世界初の仕組みで、海外からも注目を集めています。強毒性の鳥インフルエンザにも効果が見込まれ、海外ではスイスの製薬大手ロシュと提携し開発、販売することが決まっています。大型化が期待されており、イギリスの調査会社エバリュエートファーマは、新薬の2022年の世界売上高を5億9700万ドル(約794億円)と予測しています。

 新薬はすでに、2015年10月に厚労省が新設した「先駆け審査指定制度」の第1弾の対象品目に指定されており、1年近くかかる審査期間が最短で6カ月に短縮される可能性があります。

 塩野義製薬は、早期の承認取得で2018年春の医療機関向けの販売を目指します。

 同社は、「(ウイルスの消失が早いことで)家庭内や学校、職場などでのウイルスの伝播、飛沫感染や空気感染の拡大にも一定の抑制効果を示すと期待。安全性も従来の治療と同等以上と考えられる」とコメントしています。

 

 2017年10月26日(木)