健康創造塾

各種の健康情報を発信

■建設現場でのアスベスト被害、建材メーカー2社に責任 国と合わせ3億6800万円賠償命令

 

 神奈川県の元建設作業員などが建設現場でアスベスト石綿)を吸い込み健康被害を受けたとして、国と建材メーカーに賠償を求めた裁判で、横浜地方裁判所は国と一部の建材メーカーの責任を認め、原告の一部に対して合わせて約3億6800円を支払うよう命じました。

 建設現場での被害を巡ってメーカーの責任を認めたのは、全国で2例目です。

 神奈川県などの建設現場で働いていた元建設作業員やその遺族合わせて61人は、建設現場でアスベストを吸い込んで肺がんや中皮腫などの健康被害を受けたのは対策の遅れが原因だったとして、国と建材メーカー43社に対し、総額約16億7000万円の賠償を求めました。

 24日の判決で、横浜地方裁判所の大竹優子裁判長は「国は遅くとも1974年ごろには建設現場で大量のアスベスト粉じんが発生し、被害が出ることを予測できた」と指摘しました。その上で「遅くとも1976年までには事業者に対し、作業員が粉じんを吸い込まないようにするための保護具の使用などを義務付けるべきだったのに行わなかった」として、国の責任を認めました。

 また、建材メーカーについては「国と同じ時期には被害を予測できた」とし、このうちニチアス(東京都中央区)とノザワ神戸市中央区)の2社については、原告のうち10人について「働いていた建設現場でアスベストを含む2社の建材が使われていたと認められる」として責任を認め、国と2社に総額約3億6800万円を原告39人に対して支払うよう命じました。

 建設現場でのアスベスト被害を巡っては全国で裁判が起こされており、国に賠償を命じたのは6例目で、メーカーの責任を認めたのは京都地方裁判所に続き2例目です。

  24日の判決について弁護団は会見を開き、「国の責任が6度にわたって認められたことで、司法の判断が確立されたといえるのではないか。またメーカーの責任についても今回、認めたことは非常に意義が大きい」と話しました。

 原告の1人でタイル工として働いていた中山博道さんは、「国とメーカーの責任を認めてくれた、うれしい判決です。原告の中には病気で亡くなる人もいるので少しでも早く解決してほしいし、国には被害を補償する基金を創設してもらいたいです」と話していました。

  判決について厚生労働省は、「国の主張が認められなかった点もあり、厳しい判決だ。判決内容を十分に検討し関係省庁と協議して対応したい」とコメントしています。また、賠償を命じられたニチアスは「主張が一部認められなかったことは遺憾です」と、ノザワは「判決で企業の責任を認めたのは残念です」と、それぞれコメントしています。

 アスベストを巡る裁判では、工場の元労働者については国の責任を認める判決が確定している一方、建設現場の元作業員については裁判所の判断が分かれ、各地で争われています。

 

 2017年10月24日(火)