健康創造塾

各種の健康情報を発信

■ソフトコンタクトレンズに不具合、自主回収へ ジョンソン・エンド・ジョンソンの4製品

 

 使い捨てコンタクトレンズの輸入販売を行うジョンソン・エンド・ジョンソン「ビジョンケア カンパニー」(東京都千代田区)は18日、ソフトコンタクトレンズ「アキュビュー」シリーズの4製品にブラシの毛の混入などの不具合が見付かったとして、自主回収すると発表しました。

 これまでのところいずれの製品についても、治療が必要な健康被害は確認されていないということです。

 同社によると、自主回収するのは、1日使い捨てタイプの「ワンデーアキュビューモイスト」(30枚、90枚パック)のロット番号283684、2週間交換タイプの「アキュビューオアシス」のL002NCS・L002QH9、2週間交換タイプの「アキュビューアドバンス」のL002FNL・B00DHLP・L002V94、2週間交換タイプの「アキュビューオアシス乱視用」のB00GW4Z・B00HRMGの4製品8ロット。

 2013年3月~2017年6月にアメリカなどで製造され、これまでに3万673箱が出回っています。

 同社によりますと、購入客から「保存液が目にしみる」、「容器に金属製のブラシの毛が入っている」などといった苦情が複数、寄せられたということです。調べた結果、保存液の濃度が通常と異なっていたり、長さ2センチほどの金属製のブラシの毛が混入していたり、装着しても見えにくさがあったりする製品が確認され、同じ製造ラインで作られた製品を自主回収することになりました。

 同社は、「対象製品が手元にある場合は使用を中止し、回収受付センターに連絡してほしい」と呼び掛けています。

 問い合わせは、ジョンソン・エンド・ジョンソン「ビジョンケア カンパニー」回収受付センター フリーダイヤル0120・235016 月~土・午前9時~午後5時半。

 

 2017年10月18日(水)