健康創造塾

各種の健康情報を発信

■2016年度、1カ月の医療費最高額は1億694万円 1000万円以上は過去最多の484件に

 

 大企業の会社員らが入る健康保険組合連合会健保連)の集計によると、患者1人当たりの医療費が1カ月で1000万円以上だった例が、2016年度は484件となりました。2015年度に比べて件数は3割以上増え、過去最多になりました。

 医療費が1カ月で1億円を超えた治療も、2件ありました。医療の技術が高度になっていることが背景にあり、財政負担と両立できるかが課題です。

 健保連によると、フォンウィルブランド病と呼ばれる血液疾患の医療費が月1億694万1690円で、最も高額でした。2番目は血友病で、月1億237万9460円。いずれも症状の悪化を防ぐために、高額な治療薬を使います。月1億円を超える医療費が記録されたのは、2011年度以来。

 また、医療費が1カ月で2000万円以上だった件数が、2015年度に比べて22件増えて69件となり、゙過去最多を更新しました。上位100件が、1600万円以上でした。

 上位100件を疾患別に見ると、循環器系疾患が41件で最も多く、血液疾患の34件、先天性疾患の8件が続きます。1000万円以上の件数は2006年度で116件だったため、10年で約4倍に増えました。C型肝炎の治療薬や補助人工心臓など高額な治療法や医療機器の保険適用が相次いだことが、背景にあります。

 日本の医療保険制度では患者の負担が一定額を超えると、超えた分を保険で賄う「高額療養費制度」があります。患者負担が抑えられる一方で、保険や公費などを合わせた医療費は、この10年で約9兆円増えています。

 厚生労働省は医療費の膨張を受けて、医薬品や医療機器の費用対効果を価格に反映するための議論を始めています。効果の高い薬でも費用があまりにも高い場合、薬価を下げる検討に入ります。他方、製薬会社などの開発への意欲をそぐ懸念も指摘されており、慎重な議論が求められそうです。

 

 2017年9月12日(火)