健康創造塾

各種の健康情報を発信

■DHAが不足すると視覚機能不全や男性不妊を招く 国際医療研究センター研究所が解明

 

 サバやイワシなど青魚に豊富に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)は脳の記憶学習中枢の働きを活性化したり、中性脂肪コレステロールの値を下げたり、動脈硬化を予防したりするなどの効果が明らかになっていますが、それだけではなく、DHAがなくなると視覚機能や男性の生殖機能が失われることが新たに明らかになりました。

 国立国際医療研究センター研究所(東京都新宿区)や秋田大学東京大学千葉大学などの共同研究チームがマウスの実験で明らかにし、6月3日にアメリカの科学誌「ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー」に発表しました。

 動物の体を作る細胞には、外側を包む細胞膜のほか、内側にあるミトコンドリアや小胞体、ゴルジ体などの「細胞小器官」にも膜があり、リン脂質という脂質が集まってできています。リン脂質は1000~1500種類あり、各組織の役割などによって異なる分子構造を持っています。眼球の内側にあって光を感じる網膜の視細胞や精子の膜には、DHAを含んだリン脂質が豊富に存在しています。

 DHAは、人を含む動物の体内で作り出すことができないため、食べ物から摂取しなくてはなりません。食べ物から体内に取り込まれたDHAは、血液中で脂質の分解を促進したり、動脈硬化血栓の原因となる血小板の凝集を防いだり、LPAAT3という酵素の働きでリン脂質の一部になって細胞の膜の構成要素になったりします。このうち、膜に関しては、DHAがどんな働きをしているか解明されていませんでした。

 そこで、膜に含まれるDHAの働きを解明するため、研究チームは遺伝子操作により、酵素LPAAT3を作ることができないマウスを作製。DHAを含む膜が作られない場合、網膜の視細胞と精子にどのような影響が出るのかを調べました。

 その結果、網膜では、目に入った光を電気信号に変える視細胞の一部の形が崩れていることが判明。網膜に光を当てても電気信号が発生せず無反応で、ほぼ視力を失っている状態でした。研究所の進藤英雄・脂質シグナリングプロジェクト副プロジェクト長は、「DHAを含むリン脂質はほかのリン脂質よりも軟らかく、その性質が視細胞の形を維持するのに適しているのだろう」と分析しています。

 一方の精子では、採取した精子の90%が奇形で、頭部に余分な物質が付着し、卵子に侵入するための先端部分が折れ曲がっていました。さらに、通常のマウスではほぼ100%成功する方法で5匹のマウスについて人工授精を試みたところ、すべて失敗しました。

 研究所の菱川佳子・脂質シグナリングプロジェクト研究員によると、精子のもとになる細胞は精巣で周囲の細胞に栄養を供給されながら成長し、最終的に周囲の細胞から切り離されて精子となります。DHAが含まれている膜の軟らかさが、切り離される際に余分な物質を除去するのに適していると考えられるといいます。DHAが含まれていない膜では、余分な物質の除去が正常にできなくなり、重篤な不妊を伴う奇形の精子になるとみられます。

 研究チームは、「人でも同様のことが起こると考えられ、体内でDHAが不足すると、視力低下や男性不妊の原因になる可能性がある」と指摘しています。

 研究所の菱川大介・脂質シグナリングプロジェクト上級研究員によると、DHAが含まれている膜を持つ人の視細胞の一部は常に新しいものに作り替えられ、さらに、DHAは最終的に細胞のエネルギー源として使われるため、DHAを摂取し続けないと体内で必要量が維持できないといいます。

 DHAは植物に含まれるαリノレン酸という物質からも体内で合成することはできるものの、摂取したαリノレン酸が生体で機能できるDHAにどの程度変換されるかは不明。菱川上級研究員は、「魚やサプリメントからDHAを直接取ることが効果的だと思われる」と話しています。

 また、研究チームは今後の目標について、「DHAを補うことや、酵素LPAAT3にかかわる遺伝子をコントロールすることが、視覚機能や生殖機能を改善する治療方法の開発につながる可能性があり、研究を進めていきたい」としています。

 

 2017年8月13日(日)