健康創造塾

各種の健康情報を発信

■大腸がんの増大、抗がん剤併用で7割に抑制効果 国立がんセンターが確認

 

 国立がん研究センター(東京都中央区)は2日までに、既存の2種類の抗がん剤を併用する治療法が進行した大腸がん患者で高い効果を示すことを確認しました。医師らによる治験を行い、7割でがんの増大が抑えられたといいます。

 今年度中に大規模な臨床試験を実施し、早期の実用化を目指します。

 大腸がんは、国内で年に13万人ほどが発症し、約5万人が亡くなっています。発症数はがんの中で最も多く、死者は2番目。

 この治療法は、進行した大腸がんの治療に使われる「TAS―102(一般名)」と、がん細胞への栄養供給を絶つ効果があるとされる「ベバシズマブ(一般名)」を併用します。がんが転移して標準的な治療法の効果がなくなった25人の患者で実施し、がんの増大を抑制する効果が約7割の患者に認められ、その効果は中央値で5・6カ月間続きました。

 TAS―102だけを投与する治療では、がんが大きくならなかった患者は約4割で、効果の持続は中央値で約2カ月でした。

 この研究成果は、日本時間7月29日付けでイギリスの学術雑誌「ランセットオンコロジー」に掲載されました。

 今年度中に国内約50施設と協力し、100人の患者を対象にした臨床試験を始める計画です。

 

 2017年8月3日(木)