健康創造塾

各種の健康情報を発信

■熱中症で8人死亡、搬送者は5315人 消防庁が集計

 

 総務省消防庁は1日、全国で7月24~30日の1週間に8人が熱中症で病院に搬送され死亡したとの速報値を発表しました。搬送者数は5315人で、前週の6369人から1054人減少しました。

 集計によると、死亡したのは静岡県兵庫県奈良県岡山県、福岡県、長崎県熊本県鹿児島県の各1人。3週間以上の入院が必要な重症は93人、短期の入院が必要な中等症は1789人、軽症は3359人でした。

 年齢別の搬送者数は、65歳以上の高齢者が最多の2673人で、全体の50・3%を占めました。

 都道府県別の搬送者数は、大阪府の458人が最も多く、福岡県388人、兵庫県314人、愛知県287人、東京都250人、熊本県233人、鹿児島県230人、広島県194人、神奈川県193人と続きました。

 発症した場所は、庭を含む「住居」が最多の2087人で39・3%を占め、競技場や野外コンサート会場などの「公衆(屋外)」が721人で13・3%、「道路」が661人で12・4%を占めました。

 消防庁は、適度な休憩や小まめな水分補給といった予防策を呼び掛けています。

 

 2017年8月1日(火)