健康創造塾

各種の健康情報を発信

■国立がん研究センター、希少がんの治療薬を開発へ 中外製薬など製薬11社と共同で

 

 国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)は中外製薬小野薬品工業など製薬11社と共同で、脳腫瘍の一種を始めとして有効な薬がない希少がんの治療薬を開発します。

 今秋から患者のゲノム(全遺伝情報)を網羅的に解析し、遺伝子などの異常に合わせて最適な薬を探ります。患者数が極端に少ないといった理由で新薬の開発が遅れていますが、遺伝子変異が多くのがんで共通するとの見方があります。幅広く使える新薬の実現も見据えて、産学が連携します。

 新薬の開発には、アステラス製薬武田薬品工業エーザイ杏林製薬第一三共大鵬薬品工業ノバルティスファーマファイザーブリストル・マイヤーズスクイブも加わります。

 希少がんは脳腫瘍の一種のグリオーマや軟部肉腫のほか、肺がんや乳がんなどのうち特殊な組織のタイプ、原因不明がんを含み、約200種類あります。それぞれ年間の発症者数が10万人当たり6人未満といいます。

 国立がん研究センター中央病院は今秋から、年間100人の希少がん患者の遺伝子を調査。特定の遺伝子やタンパク質に異常がある人を対象に、10種類程度の治療薬候補をもとに臨床試験(治験)を始めます。今年度内に、西日本の研究施設として京都大学医学部附属病院も参加する予定です。

 希少がんの治療薬は開発に力を入れるだけの市場がないとされ、製薬会社も積極的ではありませんでしたが、ゲノム解析の技術が進歩し、がんの種類にかかわらず、その原因となる遺伝子変異が見付かる例も出てきました。

 複数の希少がんに共通する遺伝子変異に効く薬ができれば、対象の患者数は増えます。すべての希少がんを合わせると、患者数はがん全体の約15%を占めるといいます。希少がん以外のがんにも有効ならば、市場はさらに広がります。

 こうしたことから、製薬各社は国立がん研究センター中央病院と前向きに連携します。同センターは2014年、「希少がんセンター」を立ち上げ、年間1000~1500人の希少がん患者を診ています。2015年からは遺伝子検査室を設け、ゲノムをもとに患者一人ひとりに合う医療に取り組んでいます。

 同センターの中釜斉理事長は、「希少がん患者の全体的把握は困難を極め、薬の開発も遅れている。積極的に新しい薬を開発していきたい」としています。

 

 2017年7月31日(月)