健康創造塾

各種の健康情報を発信

■JT発表、2017年の喫煙者率18・2% 推計喫煙人口は1917万人に

 

 日本たばこ産業(JT)は27日、1965年以降毎年実施している「全国たばこ喫煙者率調査」について、2017年の結果を公表しました。

 この調査は、全国の成年男女を対象に約3万2000人に依頼したもの。有効回答は1万9875人(有効回答率61・9%)で、男性は9804人、女性10071人でした。

 その結果、2017年5月時点の全国の喫煙者率は、男女計で18・2%(前年比1・1ポイント減)になり、2年連続で過去最低を更新しました。健康意識の高まりや、喫煙を巡る規制の強化、製品の値上げなどで、喫煙者率の下落は続いています。

 男女別では、男性は28・2%(前年比1・5ポイント減)、女性は9・0%(前年比0・7ポイント減)でした。

 地域別の喫煙者率では、男性は東北(35・4%)がトップで、北海道(32・5%)、関東(28・2%)の順、女性は北海道(16・9%)がトップで、近畿(10・1%)、関東(9・2%)の順でした。

 喫煙者率から全国の喫煙人口を推計すると、男女計で1917万人(前年比110万人減)になり、男性は1426万人(前年比72万人減)、女性は491万人(前年比37万人)でした。

 また、毎日たばこを吸う人の1日当たりの平均喫煙本数は、男性が18・1本、女性が14・7本となっています。

 

 2017年7月28日(金)