健康創造塾

各種の健康情報を発信

■平均寿命、男性80・98歳、女性87・14歳で過去最高更新 男女とも世界2位

 

 2016年の日本人の平均寿命は男性が80・98歳、女性が87・14歳で、ともに過去最高を更新したことが27日、厚生労働省の調査で明らかになりました。前年からの延びは男性0・23歳、女性0・15歳でした。

 過去最高の更新は、男性が5年連続、女性が4年連続。男女差は、前年から0・08歳縮まり6・16歳になりました。

 「3大死因」と呼ばれるがん、心疾患、脳血管疾患に加え、肺炎などで亡くなる人が減少傾向にあるためで、厚労省は「医療技術の進歩や健康志向の高まりで寿命はまだ延びる余地がある」と分析しています。

 厚労省が情報を把握する50カ国・地域の平均寿命をみると、男女とも1位は香港、2位は日本でした。香港の平均寿命は男性が81・32歳、女性が87・34歳。日本の男性は前年2位だったアイスランド、3位だったスイスを抜いて、4位から2位に上がり、女性は2位を維持しました。

 厚労省は毎年、各年齢の人が平均何年生きられるかを表す「平均余命」の見込みを計算。平均寿命は、その年に生まれた0歳の子供が何年生きられるかを示しています。

 統計を取り始めた1947年の平均寿命は男性50・06歳、女性53・96歳でしたが、医療技術の進歩や公衆衛生の向上などに伴い、右肩上がりで延びました。今年4月公表の将来推計人口では、平均寿命のさらなる上昇が見込まれ、2065年に男性で84・95歳、女性で91・35歳に達する可能性が示されました。

 2016年生まれの日本人では、75歳まで生きる人の割合は男性75・1%、女性87・8%。90歳まで生きる人の割合は男性25・6%、女性は49・9%で、いずれも過去最高でした。

 将来どの死因で亡くなるかをみた場合、がんの死亡割合が男性29・14%、女性20・35%と最も高く、平均余命を男性で3・71歳、女性で2・91歳縮めています。ほかの死亡率は老衰を除き、男女とも心疾患、肺炎、脳血管疾患の順。大半は年々低下していますが、女性のがんは微増傾向にあります。

 

 2017年7月27日(木)