健康創造塾

各種の健康情報を発信

■ウコンの成分を利用し、がんの進行を大きく抑制 京都大がマウス実験で成功

 

 カレーの香辛料ターメリックとしても知られる「ウコン」の成分を利用し、がんの進行を大きく抑えることにマウスの実験で成功したとする研究結果を、京都大学の研究チームがまとめました。

 抗がん作用は以前から知られていましたが、効果を強める方法を開発したといいます。新たながん治療薬の開発が期待される成果で、神戸市で開かれる日本臨床腫瘍学会で27日に発表します。

 このウコンの成分は「クルクミン」と呼ばれるポリフェノール化合物で、大腸がんや膵臓(すいぞう)がんの患者に服用してもらう臨床試験が国内外で行われています。ただし、有効成分の大半が排せつされるため血液中の濃度が高まらず、効果があまり出ないという課題がありました。

 研究チームの掛谷秀昭教授(天然物化学)らは、排せつされにくく、体内で有効成分に変わるクルクミンの化合物を合成。有効成分の血中濃度を従来の約1000倍に高めることに成功しました。

 人の大腸がんを移植したマウス8匹に化合物を注射したところ、3週間後の腫瘍の大きさが、治療しない8匹のマウスの半分以下に抑えられました。目立った副作用も、確認されませんでした。

 掛谷教授は「安全性が高く、既存の抗がん剤と遜色(そんしょく)ない効果も期待できる」とし、京大発のベンチャー企業と組んで抗がん剤としての開発を目指す方針。

 柴田浩行・秋田大学教授(臨床腫瘍学)は、「これまで難しかった血中濃度を高め、効果を示したのは画期的な成果だ。今後は、注射で投与する方法の安全性を検証する必要がある」と話しています。

 

 2017年7月26日(水)