健康創造塾

各種の健康情報を発信

■国立がん研究センター、8月から新検査の臨床研究 がん13種を血液1滴で早期発見

 

 国立がん研究センター(東京都中央区)や東レなどは、血液1滴で胃がん乳がんなど13種類のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、8月から臨床研究を始めます。

 国立がん研究センターの研究倫理審査委員会が7月中旬、実施を許可しました。早ければ3年以内に、国に事業化の申請を行うといいます。

 一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく、人間ドックなどに導入されれば、がんによる死亡を減らせる可能性があります。

 新しい検査法では、細胞から血液中に分泌され、遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA(リボ核酸)」を活用。がん細胞と正常な細胞ではマイクロRNAの種類が異なり、一定期間分解されません。

 国立がん研究センターや検査技術を持つ東レなどは、がん患者ら約4万人の保存血液から、乳房、肺、胃、大腸、食道、肝臓、 膵臓(すいぞう)、胆道、卵巣、前立腺、膀胱、肉腫(にくしゅ)、神経膠腫(こうしゅ)の13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定しました。

 血液1滴で、がんの「病期(ステージ)」が比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで95%以上の確率で診断できました。乳がんは97%で、触診やマンモグラフィーでは見付けられないような初期の乳がんでも診断可能になっています。

 ただ、保存血液ではマイクロRNAが変質している可能性もあります。臨床研究では、患者や健康な人約3000人から提供してもらった新しい血液を使います。

 乳房や胃、肺、大腸などのがんの早期発見では、エックス線や内視鏡などによる検診が有効とされますが、がんの種類ごとに検査を受ける必要があり、自費で検診を受けると費用もかかります。

 新しい検査法では、診断の確定に精密検査が必要になるものの、国立がん研究センター研究所の落谷孝広分野長は「いくつものがん検診を受けなくてすむ。いずれは、がんのステージや特徴もわかるようになるだろう」と話しています。

 黒田雅彦・東京医科大学主任教授(分子病理学)は、「欧米でもマイクロRNAを使った病気の早期発見を目指す研究が盛んだが、今回ほど多数の患者で解析した例はなく、非常に有用だ」と話しています。

 

 2017年7月25日(火)