健康創造塾

各種の健康情報を発信

■熱中症、前週の1・8倍の7680人搬送 北海道などで6人が死亡

 

 総務省消防庁は19日、10~16日の1週間に7680人が熱中症で病院に搬送されたとの速報値を発表しました。

 前週の4241人から1・8倍に増え、北海道、山形県、埼玉県、新潟県和歌山県佐賀県の計6人が搬送先で死亡しました。各地で真夏日猛暑日を観測するなど、気温が高い日が続いたためとみられます。

 集計によると、3週間以上の入院が必要な重症者は173人、短期の入院が必要な中等症は2586人、軽症は4816人でした。

 年齢別では、65歳以上の高齢者が3803人と49・5%を占めたほか、18歳以上65歳未満が2649人、新生児や乳幼児を含む18歳未満が1228人でした。

 都道府県別では、東京都の627人が最も多く、埼玉県488人、大阪府453人と続きました。7月としては記録的な暑さだった北海道が4位の439人。

 総務省消防庁は、適切に冷房を使い、こまめに水分をとるなど熱中症に十分注意するよう呼び掛けています。

 

 2017年7月19日(水)