健康創造塾

各種の健康情報を発信

■適度な睡眠、毎日の歩行など生活改善で健康寿命に2年の差も 厚労省が調査

 

 適度な睡眠や毎日の歩行、多めの野菜摂取などの健康的な生活習慣を数多く取り入れている人ほど、日常的に介護を必要とせず、心身ともに自立して暮らすことができる「健康寿命」が長いとの調査結果を、厚生労働省の研究班が発表しました。

 約1万人の高齢者を対象に調査したところ、健康的な生活習慣を多く取り入れている人とそうでない人では、最大2年余りの差がみられました。

 国は、生活習慣の改善によって健康寿命を延ばすことを目標に掲げています。研究班は2006年12月、宮城県大崎市で65歳以上の住民に生活習慣などに関するアンケートを行い、9746人について9年間追跡調査しました。

 調査で「健康的な生活習慣」としたのは、非喫煙または禁煙して5年以上、1日の平均歩行時間が30分以上、1日の平均睡眠時間が6~8時間、多めの野菜摂取、多めの果物摂取の5項目。これらの生活習慣の実践数と、死亡または要介護認定を受けるまでの期間の関係を調べました。

 その結果、実践数が0~1項目だった人と比べた健康寿命の差は、2項目ある人は11・5カ月、3項目ある人だと17・4カ月、4項目ある人だと23・9カ月それぞれ長くなりました。5項目すべて行っている人では25・4カ月にまで差が開いていました。

 調査をまとめた辻一郎・東北大学教授(公衆衛生学)は、「健康的なライフスタイルを取り入れれば、健康寿命の延伸が期待できることを示唆する結果だ」としています。

 

 2017年7月12日(水)