健康創造塾

各種の健康情報を発信

■ダニ媒介脳炎で北海道の男性死亡 死亡は2例目、感染確認は3例目

 

 北海道は11日、ウイルスを持ったマダニにかまれて「ダニ媒介脳炎」を発症した道内の70歳代男性が死亡したと発表しました。国内での感染確認はいずれも道内で今回が3例目、死者は2人目となります。

 北海道保健福祉部によると、男性は6月中旬に発熱や意識障害などの症状が出たため函館市の病院に入院し、7月7日までに死亡しました。マダニにかまれた痕(あと)は確認できず、血液検査で感染が判明しました。道内でかまれた可能性があり、場所などを調べます。

 北海道では2016年8月に、40歳代男性がダニ媒介脳炎を発症して死亡。これが全国初の死亡例でした。

 北海道大学の研究チームが今年、札幌市内に生息するアライグマやネズミなどの野生動物84匹の血液を調査したところ、1割を超える10匹がダニ媒介脳炎のウイルスに感染していたことが判明しました。

 北海道保健福祉部は、山や草やぶなどに入る時はサンダル履きを避け長袖、長ズボンを着用して肌の露出を少なくするよう呼び掛けています。マダニにかまれた場合は無理に引っ張らず、医療機関で除去する必要があるといいます。

 ダニ媒介脳炎は、蚊が媒介する日本脳炎と同じ分類のフラビウイルスによる感染症。北海道の一部地域でウイルスが見付かっているほか、西日本でもウイルスの抗体を持ったネズミが確認されています。ウイルスを持つマダニがいない地域では感染が起きず、人から人への感染はないといいます。

 

 2017年7月12日(水)