健康創造塾

各種の健康情報を発信

徐脈性不整脈

 

1分間当たりの心拍数が60回未満まで下回る症状をみせる疾患の総称

 徐脈性不整脈とは、正常よりも脈が遅くなる疾患の総称。

 通常の心臓の心拍数は1分間に60~100回で、1秒間に1回は必ず心臓が拍動していることになりますが、徐脈性不整脈は1分間当たりの心拍数が60回未満まで下回る症状をみせます。

 不整脈は、一定間隔で行われている心臓の拍動のリズムに、何らかの原因によって乱れが生じる疾患の総称。不整脈は、脈が不規則になり、急に1秒飛んで2秒後に拍動するといったリズムの乱れを伴う期外収縮、脈が正常よりも速くなり、1分間当たりの心拍数が100回を大きく上回る症状をみせる頻脈性不整脈、そして、脈が正常よりも遅くなる徐脈性不整脈の3つに分類されます。

  徐脈性不整脈を発症すると、心拍数が少ないため血流量が減少し、日常生活や運動に必要な酸素を体中にゆき渡らせることができません。このため、貧血やめまい、ふらつきなどの症状が現れ、高度の徐脈が続くと過度の疲労感、息切れが起こったり、目の前が急に暗くなる感じや血の気が引く感じがする眼前暗黒感、失神などの症状が現れることもあります。

 心臓は、その上部にある洞結節(どうけっせつ)と呼ばれる部分で、1分間に60~100回の電気刺激を発生させて、規則正しく動いていますが、洞結節の機能が低下して洞機能不全症候群を起こしたり、心臓の上側の心房から下側の心室へと伝わる電気刺激がうまく伝わらない房室ブロックを起こしたりすることが原因で、主に徐脈性不整脈となります。

 内服している薬剤が原因で、洞機能不全症候群が引き起こされることもあります。内服している薬剤や、急性心筋梗塞(こうそく)、心筋炎などの基礎心疾患が原因で、房室ブロックが引き起こされることもあります。

 自覚症状に乏しい徐脈性不整脈は、自宅の血圧計や自己検脈で気付くことがあるほか、健康診断や病院で行った心電図で偶然見付かる場合もあります。

徐脈性不整脈の検査と診断と治療

 循環器科、循環器内科、不整脈科、不整脈内科の医師による診断では、心電図検査が基本となります。

 一般的に通常の検査は限られた時間の中で情報を集めますが、詳しく検査する場合はホルター心電計を利用します。これは胸に電極をつけて24時間にわたる心電図を記録する携帯式の小型の装置で、運動中や食事中、就寝中などに脈がどう変化するかが確認できます。

 また、基礎心疾患の有無や運動前後での心拍数変化をみる目的で、心臓超音波検査や運動負荷心電図を行います。

 まれにしか不整脈が起こらない場合は、診断に難渋することがあります。原因不明の眼前暗黒感や失神があり、徐脈性不整脈が疑われる場合は、ホルター心電計を含めて繰り返し心電図検査を行うほかに、心臓電気生理学的検査(EPS)と呼ばれるカテーテル検査や、植込み型心臓モニターと呼ばれる小さな心電計を体に植え込むことがあります。

 循環器科、循環器内科、不整脈科、不整脈内科の医師による治療では、脈を遅くする作用がある薬剤を服用している場合は、これを使わないことが重要です。また、心拍数を増加させる効果を持つ薬剤の服用による治療を行うこともありますが、その効果は不安定です。

 従って、症状を伴う徐脈性不整脈や、洞機能不全症候群を起こして頻脈性不整脈を合併した徐脈性不整脈に対しては、恒久型ペースメーカーの植込みを行います。徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療は、薬物治療よりも確実な効果が得られ、安全性も確立されています。

 ペースメーカーは、徐脈時には電気刺激を出して心臓の拍動を調整するもので、脈の状態は心臓の中に留置したリード線を通して察知します。手術で、ライターほどの大きさのペースメーカーを鎖骨の下に埋め込みます。

 一般的な徐脈性不整脈の予防には、規則正しい生活とバランスのとれた食事を心掛け、ストレスの低減、睡眠不足を避けることなどが大切です。喫煙や過度の飲酒も控えます。