健康創造塾

各種の健康情報を発信

■P&Gがリンス1万4184個を自主回収 髪質を整える成分の配合量が規格から外れる

 

 家庭用品大手のP&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)は6日、ヘアケア製品のリンスで一部の成分の配合量が規格から外れていたことがわかったとして、約1万4000個の製品を自主回収すると発表しました。

 自主回収するのは、P&Gが今年4月24日から6月21日にかけて出荷した「パンテーン エクストラダメージケア トリートメントコンディショナー(ポンプタイプ)」の一部の製品です。

 発表によりますと、これらの製品は工場での製造工程で不具合が見付かり、髪質を整える成分の配合量が規格から外れているか、全く配合されていないということです。

 今のところ、健康上の被害の報告は受けていないということですが、P&Gでは品質基準を満たさず、十分なコンディショニング効果が得られないなどの可能性がある製品だとして自主的に回収することを決めました。

 対象となるのは、ボトルの底に記載されている製造ロット番号が「70894811E5」、もしくは「70894811E6」とされている製品で、1万4184個に上るということです。

 P&Gでは、「このたびの件を厳粛に受け止め、製品の回収を速やかに進め、今後の再発防止に向け万全の対策を講じてまいります」とコメントしています。

 着払いで製品を送れば、代替品に交換します。住所は、〒651ー0088 神戸市中央区小野柄通7−1−18 P&Gパンテーン返品係。問い合わせは、お客様相談室(0120・330812)。

 

 2017年7月6日(木)