健康創造塾

各種の健康情報を発信

■牛丼大手チェーン、糖質対策の新メニューを投入 サラシア牛丼、ロカボ牛麺など

 

 大手牛丼チェーンが、健康志向の高まりを受け、食後の血糖値の上昇を穏やかにしたり、糖質を抑えたりした新メニューを相次ぎ投入しています。

 生活習慣病予防やダイエットなどを目的に、糖質を緩やかに制限する食事法「ロカボ」の関心が高まる中、糖質対策の新メニューで中高年男性を中心に幅広く需要を取り込むねらいです。

 吉野家ホールディングスの牛丼店「吉野家」は29日、食後の血糖値の上昇を抑える効果をうたった新商品「サラシア牛丼」を7月3日に発売すると発表しました。配合した天然植物「サラシア」由来の成分が、食事から摂取した糖の吸収を穏やかにします。

 見た目も味も通常の牛丼とほとんど変わりませんが、辻智子執行役員によると「糖の吸収量も10%程度少なくなる」といいます。価格は並盛りで480円と、通常の牛丼より100円高くします。

 サラシアは南アジアや東南アジアに自生する、つる性の天然植物で、抽出したサラシノールという成分に、糖の吸収を穏やかにする働きがあるといいます。そのままでは少し苦いものの、具材への配合などを工夫して牛丼の味を損なわないようにしました。3月から同様の機能を持った「牛丼の具」を通販限定で販売し、売り上げが好調だったため、店舗でもサラシア牛丼として発売します。

 吉野家の牛丼の総販売量は月間約1000万食ですが、サラシア牛丼だけでその1割の100万食の販売を目指します。

 一方、ゼンショーホールディングスの「すき家」は4月、ご飯の代わりにコンニャク麺を使って糖質を抑えた「ロカボ牛麺」(490円)を発売しました。糖質を牛丼並盛りに比べて、5分の1程度に抑えています。

 松屋フーズの「松屋」は6月、50円を追加することで定食のご飯を、大根おろしをのせた豆腐に変更できるメニューを発売しました。並盛りご飯に比べて、糖質を約92%、カロリーを約70%カットしています。

 

 2017年6月30日(金)