健康創造塾

各種の健康情報を発信

■北陸コカ・コーラ、飲料水31万2000本を自主回収 カビ混入の恐れ

 

 富山県に本社がある飲料メーカー「北陸コカ・コーラボトリング」は、富山県など6つの県で販売されたペットボトル入りの飲料水にカビが混入した恐れがあるとして、約31万2000本を自主回収すると発表しました。

 発表によりますと、自主回収するのは北陸コカ・コーラボトリング富山県、石川県、福井県、長野県、新潟県山梨県の6県の自販機や小売店で販売したペットボトル入りの飲料水「い・ろ・は・す 塩れもん」555ミリリットル。

 キャップの部分に記載された賞味期限が「2018年1月21日」で、製造所固有記号が「180121ーHT」の商品、約31万2000本です。

 商品は19日に発売した新商品で、富山県砺波市の工場で製造されていましたが、19日に商品を購入した人から「異物が入っている」と連絡があり、調べたところ、カビが混入していたということです。

 北陸コカ・コーラボトリングによりますと、混入したカビに毒性はなく、今のところ健康被害の情報はないということですが、砺波市の工場で同じ時期に製造された商品の自主回収を決めました。回収した商品数十本や在庫からもカビが見付かっており、混入した原因は調査中。

 会社側に連絡すると、宅配業者が回収に訪れ、後日、代金相当のプリペイドカードを送ることにしています。問い合わせの電話番号は、0120-360509で、22日以降、午前9時から午後6時まで受け付けます。

 北陸コカ・コーラボトリングは、「お客様に多大なご心配をおかけし、おわび申し上げます。今後、このようなことがないよう一層の管理体制の向上に努めます」とコメントしています。

 

 2017年6月23日(金)