健康創造塾

各種の健康情報を発信

■身長が2センチ以上低下すると、転倒の発生率が2倍に 埼玉医大など中高年を調査

 

 若いころより身長が2センチ以上低くなった中高年は転倒する確率が2倍に高まるとの調査結果を、埼玉医科大学などの研究チームがまとめました。

 14日から名古屋市で開かれる日本老年医学会で発表します。

 研究チームは、要介護状態になっていない埼玉県内の60~70歳代の男女約460人を対象に、身長の変化や体力の調査を実施。2年後にアンケート調査を行い、過去1年間に転倒経験があったかどうかを聞きました。

 回答が得られた約380人について分析したところ、20~30歳代のころより身長が2センチ以上低下していた約150人では、20%が転倒を経験していました。一方、身長の低下が2センチ未満だった人の転倒経験は10%で、発生率に2倍の差が認められました。

 身長が2センチ以上低下していた人のほうが、片脚立ち時間が平均で20秒近く短いなど、体力テストの結果でも差が認められました。

 加齢に伴う身長の低下は、背骨の圧迫骨折だけでなく、筋力低下や軟骨のすり減りなどでも起きます。高齢者の場合、転倒による骨折を切っ掛けに寝たきりになりやすい傾向もあります。

 調査結果をまとめた新井智之・埼玉医大講師(理学療法学科)は、「2センチ以上身長が低下すると転倒リスクが高まる。自宅で簡便にリスクを確認する目安として役立ててほしい」と話しています。

 

 2017年6月12日(月)