健康創造塾

各種の健康情報を発信

■乳幼児のイオン飲料、飲みすぎに注意 栄養の偏りで健康悪化も

 

 水分補給によいとされるイオン飲料やスポーツ飲料などを多量に飲み続け、健康状態が悪化した乳幼児の報告が昨年までの10年間で少なくとも24例、31年間で33例あったことが、日本小児科学会などの調査で明らかになりました。

 栄養が偏ったためとみられます。専門家は、こうした飲み物を継続して多量にとらないよう注意を呼び掛けています。

 問題となっているイオン飲料とは、カリウムやナトリウムなどの電解質が入っている飲み物のことです。成分や使い方などによって、スポーツ飲料とか経口補水液などと呼ぶこともあります。

 これらの飲み物のほとんどは、糖やミネラルを含むものの、糖をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1が含まれていません。ビタミンB1を含むミルクや離乳食などをとらずに多く飲み続けると、ビタミンB1欠乏症になります。頻度はまれながら、脳症や脚気(かっけ)になることがあります。

 日本小児科学会などでつくる日本小児医療保健協議会の栄養委員会(位田忍委員長)が昨年、全国約400の学会専門医研修施設に郵送で調査しました。これらの飲料を多くとって健康状態が悪化したとみられる症例を尋ね、文献でも調べました。

 栄養委員会によると、1986年以降の報告で、7カ月~2歳11カ月の33人がビタミンB1不足のため、意識障害や浮腫などを起こし、1人が死亡していました。33人のうち24人は、2007年以降の報告でした。

 日本小児科学会は、報告のように深刻な例はなかなかないと思われるものの、体重が9〜12キログラムくらいの1〜2歳の乳幼児が日常的に多量のイオン飲料を飲むのは禁物で、1日に500ミリリットル以下に抑えるよう呼び掛けています。

 

 2017年6月12日(月)