健康創造塾

各種の健康情報を発信

■角膜の細胞を人工培養し、水疱性角膜症の患者に移植 京都府立医科大が治験実施へ

 

 目の角膜の細胞を人工的に培養し、角膜が白く濁る重い目の病気の患者に移植する技術を、京都府立医科大学同志社大学などの共同研究チームが開発しました。

 実用化を目指して、今年の秋以降、国の承認を得るための治験が行う予定です。

 京都府立医科大学の木下茂教授などの研究チームによりますと、目の角膜の中にある角膜内皮細胞は角膜の透明性を維持するために必須の細胞で、この数が減ると、角膜が白く濁る水疱性角膜症という病気を起こし、失明する恐れもあります。

 水疱性角膜症の患者は国内に約1万人いると見なされており、治療法は亡くなった人から提供を受ける角膜移植しかないものの、提供が不足しているのが実情。

 研究チームは、提供された角膜内皮細胞を人工的に培養し、注射器を使って複数の患者の目に注入し移植する再生医療技術を開発しました。

 より多くの患者に移植でき、体の負担も少ないということで、これまで臨床研究として30人の患者に移植した結果、全員で症状が改善したといいます。

 研究チームは実用化を目指して、国の承認を得るための治験を行う予定で、今年の秋以降、15人の患者に角膜内皮細胞を移植し、安全性や効果を確認することにしています。

 木下教授は、「従来のドナー由来の角膜移植より、治療後の見え方もよくなると期待できる。2年後の承認を目指したい」と話しています。

 

 2017年6月2日(金)