健康創造塾

各種の健康情報を発信

■肉やパン、乳製品の欧米型食事でも死亡リスク1割低減 国際医療研究センターなどが追跡調査

 

 国立国際医療研究センター国立がん研究センターは24日、肉やパン、乳製品といった「欧米型」の食事を多くとる人は少ない人よりも死亡リスクが低くなる傾向があると発表しました。

 「欧米型」は高カロリーで健康に悪いとされますが、両センターは「欧米型でも日本人は欧米人より肉や塩分量が少ないことなどから死亡リスクが低くなった」とみています。

 岩手県秋田県茨城県新潟県、長野県、大阪府高知県長崎県沖縄県の9府県10地域の40~69歳の男女約8万人を1990年代から約15年間、追跡調査しました。

 食事のグループは5年後の食事調査で、計134項目の食品や飲料の摂取量から欧米型のほか、脂の多い魚や野菜、豆類などを多く食べる「健康型」、和食中心で漬物や味噌汁などを好む「伝統型」に分類。さらに、それぞれのグループを、関連する食品などをより多く摂取した順に高低の傾向で4つのグループに分けました。

 すべての死因で比較すると、欧米型は最も食事の傾向が低いグループを1とすると、傾向が高いほど死亡リスクは低くなり、最も摂取していたグループは1割リスクが低くなりました。がんと、心疾患や脳血管疾患など循環器疾患でも、同様の傾向がありました。いずれでも最も摂取していたグループは、2番目に高いグループより数値が上がったものの、統計的な差はないといいます。

 健康型の食事でも、最も傾向が高いグループは死亡全体のリスクは2割、循環器疾患の死亡では3割、脳血管疾患の死亡では4割リスクが低下しました。魚に多い多価不飽和脂肪酸のほか、マグネシウムカリウムなどのミネラルの摂取が多いことによると考えられます。

 伝統型では、摂取量と死亡リスクとの関係はみられませんでした。

 肉などは、死亡のリスク上昇との関連が報告されています。両センターは、「欧米型といっても、日本人は欧米人に比べて肉類を食べる量が少なく、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、コーヒーを好む」と指摘。塩分の摂取量も少ないことも加わって、死亡リスクが低減したとみています。

 分析に当たった国際医療研究センターの溝上哲也疫学予防研究部長は、「野菜や大豆類、きのこ、脂の多い魚などを多く取りながら、乳製品や肉類もほどよく食べることが長寿の秘訣。日本人の寿命が延びたのも、こうした食事のお陰」と話しています。

 

 2017年5月26日(金)