健康創造塾

各種の健康情報を発信

■失業や再就職で脳卒中リスクが上昇 4万人超の追跡調査で判明

 

 失業などで無職になった経験がある人は継続的な有職者に比べ、脳卒中の発症や、そのために死亡するリスクが高まる可能性があることが、国立がん研究センター大阪大学などの研究チームの調査で明らかになりました。

 再就職すると、男性では脳卒中リスクが高まるものの、女性ではあまり変化は出ないといいます。

 就労状況は健康に影響を与える重要な要因となり、一般的に失業者は有職者に比べて健康状態が悪いことが報告されています。しかし、過去の研究の多くは、気分の低下や抑うつなどの精神的健康に焦点を当てた短期的な影響をみたもので、長期的な身体的健康への影響を調べた調査はあまりありません。

 今回の研究では、1990年と1993年に岩手県秋田県、長野県、沖縄県茨城県新潟県高知県長崎県の9地域に在住していた45〜59歳の男女4万1728人を対象に、約15年間追跡。

 研究開始時の就労状況と5年後の調査時の就労状況から、就労状況の変化を「継続して有職」、「仕事を失った(有職から無職へ)」「再就職した(無職から有職へ)」「継続して無職」の4つに分類し、その後の脳卒中の発症リスクや脳卒中による死亡リスクを算定しました。

 その結果、継続的に就労していた対象者に比べて、失業したことのある対象者では脳卒中リスクが高いことが明らかになりました。失業すると、男性では脳卒中を発症するリスクは1・76倍、脳卒中による死亡リスクは3・00倍に上昇しました。女性でも失業すると同様に、脳卒中を発症するリスクは1・38倍、脳卒中による死亡リスクは1・98倍に上昇しました。

 また、再就職した男性でも、脳卒中を発症するリスクは2・96倍、脳卒中による死亡リスクは4・21倍にも上っていました。一方、再就職した女性では、脳卒中を発症するリスクは1・30倍、脳卒中による死亡リスクは1・28倍とあまり変わりませんでした。

 研究チームによると、失業の経験が脳卒中リスクを上昇させる理由として、失業による生活習慣や精神状態の変化が考えられるといいます。また、男性で再就職による脳卒中リスクの上昇がみられた理由としては、再び得た職業を失わないために無理をすることや、失職を恐れることによる精神的ストレスの増加などが考えられるといいます。

 国立がん研究センターは、「男性の再就職者や失職者での脳卒中リスクが、継続的に就労している人よりも高いので、健康管理にも注意する必要がある」と指摘しています。

 

 2017年5月25日(木)