健康創造塾

各種の健康情報を発信

■超音波で無痛の乳がん検診、日立が新技術を開発 2020年にも実用化へ

 

 日立製作所は24日、痛みを伴わずに乳がんを検診できる技術を開発したと発表しました。

 水を満たした検査容器に乳房を入れて超音波を360度の方向から照射、音波の速度などから腫瘍の有無や特性を判別できます。測定時間は1分ほどですみ、精度も高いといいます。

 4月から北海道大学病院と共同研究を始めており、3年後の2020年ごろの実用化を目指します。すでにイヌの臨床試験で、微小な腫瘍の検出に成功したといいます。

 開発した技術では、受診者はベッドにうつ伏せになり、穴が開いた部分から乳房を水に満たした容器に入れて検査を受けます。乳房を囲むようにリング状の装置が上下し、360度の方向から超音波を照射してスキャンし、その反応で腫瘍の硬さや粗さなどをとらえることで、良性か悪性かを総合的に診断します。放射線被曝(ひばく)の恐れもありません。

 乳がんは女性に最も多いがんで、治療は早期発見がカギとなります。現在の検診は乳房を押しつぶしてレントゲン撮影するマンモグラフィー(乳房X線撮影検査)が主流ですが、痛みを伴うほか、放射線被曝の問題があり、母乳をつくる乳腺の密度が高い人の場合は腫瘍が乳腺の陰に隠れて見付けにくいという課題もありました。

 マンモグラフィーと併用して、超音波(エコー)を使う検診では、1方向から照射するため、検査をする人の技量によって精度が違うという問題がありました。

 開発に当たっている日立製作所基礎研究センタの川畑健一さんは、「現状の検診よりも簡単に測れる上に精度がよく、誰がやっても同じ結果が出る検査を目指して開発した」と話しています。

 

 2017年5月25日(木)