健康創造塾

各種の健康情報を発信

■自殺死亡率、日本は世界ワースト6位 若年層の死因1位は自殺

 

 厚生労働省は世界各国の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を比較し、日本は世界ワースト6位だとする分析結果をまとめました。先進国の最悪レベルで、特に女性は世界ワースト3位と高くなっています。

 今月下旬に閣議決定される「2017年版自殺対策白書」で公表されます。

 自殺死亡率は国によって統計の信頼性や更新頻度が異なるため単純な比較が難しく、世界保健機関(WHO)が2014年に初めてまとめた「世界自殺リポート」でも順位付けはしていません。

 厚労省はWHOのデータベースを使い、2013年以降の人口と自殺者数が把握できている中から上位国を抽出しました。

 日本の2014年の自殺死亡率は19・5で、アジアでは世界ワースト2位で28・5の韓国の次に高くなっており、主要8カ国(2011~2014年)との比較では、ロシアの21・8に次いで高くなっています。

 男性の自殺死亡率は27・7で、世界ワースト12位でした。女性の自殺死亡率は11・7で、韓国、スリナムに続き世界ワースト3位でした。

 警察庁の自殺統計によると、2016年の自殺者数は2万1897人(男性1万5121人、女性6776人)で、2003年の3万4427人をピークに減少傾向が続いています。しかし、自殺が最も多い中高年の男性に比べて若年層は減り幅が小さく、5歳ごとに区切った年齢階級別でみると、15歳から39歳までの5階級で、死因の1位が自殺でした。

 自殺対策白書は、「若い世代の自殺は深刻な状況にある。20~30歳代の自殺死亡率を低下させることが課題」と分析しています。

 

 2017年5月23日(火)