健康創造塾

各種の健康情報を発信

■野生動物の1割、ダニ媒介脳炎ウイルスに感染 北海道大学が札幌市で調査

 

 マダニにかまれることで感染する「ダニ媒介脳炎」の国内で初めての死亡例が昨年8月、北海道で確認されたことを受けて、北海道大学の研究チームが調査したところ、札幌市内で捕獲された野ネズミなどの約1割がフラビウイルスに感染していたことが明らかになりました。

 国立感染症研究所によりますと、人口の多い大都市の近郊で、ダニ媒介脳炎の原因となるフラビウイルスに感染した野生動物が確認されたのは初めてだということです。

 ダニ媒介脳炎はマダニにかまれることで感染し、発熱や筋肉痛などのインフルエンザに似た症状の後、髄膜炎脳炎を起こします。海外では多数の死亡例が報告されています。

 国内では、これまでに北海道で2人の感染が報告され、このうち昨年8月には、草やぶでマダニにかまれたとみられる40歳代男性が発熱や意識障害、けいれん、髄膜炎脳炎などの症状が出た後、入院先の札幌市内の病院で死亡しました。

 これを受けて、北海道大学の研究チームが札幌市内の山林で捕獲された野ネズミやアライグマ84匹の血液を調べたところ、12%に当たる10匹がダニ媒介脳炎の原因となるフラビウイルスに感染していることがわかったということです。

 国立感染症研究所によりますと、これまでに北海道の南部や島根県で、このフラビウイルスに感染した野生動物が確認されていますが、札幌市のような人口の多い大都市の近郊で確認されたのは初めてだということです。

 北海道大学大学院の好井健太朗准教授(ウイルス学)は、「少なくとも、調査した地域の山林では、このウイルスが常に存在していると考える必要がある。ただ、マダニにかまれなければ感染はしないので、野山に入る際は長袖、長ズボンを着用して肌の露出を避け、予防に努めてほしい」と話しています。

 

 2017年5月11日(木)