健康創造塾

各種の健康情報を発信

■月曜午前は心疾患や脳血管疾患に注意を 休み明けの仕事が心臓に負担

 

 旭労災病院(愛知県尾張旭市)の研究チームが、全国で働く男女207人を調べたところ、月曜日の午前は他の曜日と比べ、心臓にかかる負荷が高まっていることが明らかになりました。休み明けの仕事のストレスが原因とみられます。

 月曜日の午前中は労働者の心筋梗塞脳卒中の発症が多いとされており、木村玄次郎病院長は「心疾患などを減らすためには、月曜の仕事量を減らすべきだ」としています。

 調査対象は、主に全国の労災病院で働く男女で、平均年齢は約51歳。平日に働く人たちで、夜勤従事者や既往症のある人は含んでいません。

 研究チームは2015~2016年、月曜日と金曜日、休日(土曜か日曜)の起床時、午前10時、午後4時、就寝前のそれぞれ4回、血圧や脈拍を測定しました。いわゆる上の血圧である最高血圧に心拍数を掛けた「ダブル・プロダクト」の変化を調べた結果、月曜日午前10時の数値が、金曜日や休日の同じ時間帯よりも際立って高くなりました。起床時や就寝前の数値は、曜日による大きな違いがありませんでした。

 木村病院長によると、月曜日の午前中に労働者の心疾患や脳血管疾患が多いことは知られていましたが、原因は不明だったといいます。研究チームは今後、仕事のストレスが心臓に及ぼす影響を調べます。

 

 2017年5月10日(水)