読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■難病の医療ロボット治療に初の保険商品  大同生命が7月から販売

 

 生命保険会社の大同生命は、難病の患者が特殊な医療ロボットを装着して歩行機能の改善を目指す際、治療費を保障する保険を国内で初めて販売すると、8日に発表しました。

 大同生命が今年7月3日から販売するのは、装着型の医療ロボットで歩行機能の改善を目指す際の治療費を保障する保険商品です。

 この装着型の医療ロボットは、茨城県つくば市ベンチャー企業が開発し、全身の筋力が低下する筋委縮性側索硬化症(ALS)など8つの難病の治療に限って、公的な医療保険が適用されていますが、治療が長期にわたるため患者の負担は重くなっています。

 このため大同生命は、医療ロボットによる治療を支援する特約を盛り込んだ国内で初めての保険商品を開発し、難病の患者を対象に100万円を給付します。

 大同生命の工藤稔社長は、「難病患者やその家族が経済的な負担を感じることなく、最先端の治療に専念できる環境を作るとともに、医療ロボットを使った治療が一層普及していくことを後押ししたい」と話しています。

 生命保険業界では、最大手の日本生命不妊治療を受けた人に給付金を支払う保険を販売するなど、契約者の長寿化に伴って需要の増加が見込まれる医療保険の分野で、特徴のある商品を打ち出す動きが広がっています。

 

 2017年5月8日(月)