健康創造塾

各種の健康情報を発信

■ロタウイルス患者数、過去最多に 乳幼児の胃腸炎に注意を

 

 乳幼児を中心に急性の胃腸炎を引き起こす「ロタウイルス」の感染が広がっており、最新の1週間の患者数が過去最多になったことがわかりました。

 ロタウイルスによる急性の胃腸炎は0~6歳の乳幼児がかかりやすい病気で、下痢や嘔吐、発熱、腹痛などを伴い、特に初めての感染時には症状が強く出て、入院が必要になることもあります。大人は何度も感染しているため、多くは症状が出ません。

 国立感染症研究所によりますと、4月23日までの1週間に全国の医療機関から報告された患者数は1医療機関当たり0・84人で、4週連続で増加しました。1週間の患者の数としては、調査を始めた2013年以降で、最も多くなっています。

 都道府県別の報告数では、群馬県が3・88人で最も多く、次いで香川県3・0人、福井県2・0人の順でした。

 厚生労働省は、手洗いなどを徹底して感染を予防するよう呼び掛けています。

 

 2017年5月4日(木)