読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■睡眠薬など44種類、服用を繰り返すと副作用も 厚労省が医療機関に注意を呼び掛け

 

 睡眠薬抗不安薬、抗てんかん薬として精神障害の治療で広く使われている「ベンゾジアゼピン(BZ)系」の44種類の薬について、厚生労働省は承認された用量でも、服用を繰り返すと依存性が高まり、副作用が出る恐れがあるとして全国の医療機関に注意を呼び掛けています。

 厚労省によりますと、ベンゾジアゼピン系の44種類の薬は短期の使用では高い効果を得られる一方、承認された用量でも服用を繰り返すと依存性が高まり、服用をやめた時に不安、不眠の症状が悪化したり、けいれんや頭痛などの副作用が起きたりする恐れがあり、こうした報告が昨年6月末までに470件余り寄せられたということです。

 このため、厚労省は全国の医療機関に対し、医師が安易に継続して処方することがないように注意するよう呼び掛けています。

 また、製薬会社に対しても添付文書を改訂し、長期間にわたって継続的に使用する場合は治療上の必要性を十分に検討するとともに、使用を中止する際も症状が悪化しないよう徐々に量を減らすなどして、慎重を期すことを医療機関に呼び掛けるよう指示しました。

 厚労省は、「不眠症や不安障害などの治療は難しく、薬の使用が長期間に及ぶことも多いが、医師には処方が適切かどうか、慎重に見極めてほしい」と話しています。

 注意を呼び掛けている薬の製品名は、エチゾラムアルプラゾラムデパスソラナックスメイラックスアモバンマイスリーハルシオンベンザリンサイレースレキソタンレンドルミンワイパックスなど。

 

 2017年4月22日(土)