読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■親の喫煙、子供の肥満に影響 厚労省「一定の関連性裏付け」

 

 厚生労働省は28日、乳児期に受動喫煙があった子供は成長後の肥満の確率が高いという調査結果を公表しました。

 2001年生まれの子供約5万人の成長や子育ての状況を把握し、データを少子化対策などの施策に生かすのが目的の「21世紀出生児縦断調査」を基に、13歳になるまでの計11回分のデータを分析。生後6カ月の時点で両親とも非喫煙者か、少なくともいずれかが喫煙者かで比べたデータを分析しました。

 その結果、親が屋内で喫煙していた子供が肥満になる確率は、非喫煙者の子供と比べて男児が4歳以降に20~58%、女児が2歳以降に21~71%高くなりました。

 親が屋外で喫煙していた場合では、男児が5歳以降に15~29%、女児が5歳以降に18~33%高くなりました。

 母親に間食や夜食の習慣があったり、子供が朝食を食べていなかったりするなど肥満に影響する可能性のある要因を排除して推計しても、有意な差が残ったといいます。

 厚労省の担当者は、「受動喫煙と子供の肥満の因果関係はこれまでも指摘されていたが、調査で一定の関連性が裏付けられた」と指摘。受動喫煙の防止策強化の必要性を訴えました。

 

 2017年3月29日(水)