読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■白血病検査の結果に不備、最大手の検査会社が発表 過去に10万件受託

 

 医療機関から検査業務を受託する最大手の医療検査会社、エスアールエル(東京都新宿区)は24日、白血病の遺伝子検査で不備が見付かったと発表しました。

 実際より治療効果があったことを示す数値が出て、医師の判断に影響を与えた可能性があります。これまでに10万件以上の検査を受託しており、今後影響を調査します。

 エスアールエルによると、不備があったのは患者の骨髄液から遺伝子を調べて白血病の類型を調べる検査工程と、遺伝子の量を測定して抗がん剤の一つである「分子標的薬」の治療効果を確かめる検査工程の2種。測定に用いる試料の作製で不具合があったといいます。

 昨年10月、医療機関から「院内で行った検査との値に開きがある」との指摘があり、調査の結果、今年3月に治療効果の上がった場合に低くなる数値が医療機関の検査の100分の1以下だったことが明らかになり、24日に厚生労働省に報告し、公表しました。

 本来は別の治療法を検討すべきであるにもかかわらず、そうした検討がなされなかったなど、治療に影響を与えた可能性があります。

 エスアールエルの東俊一社長は記者会見で、「第三者による調査を行っており、全社を挙げて原因究明と対策に取り組む」と述べました。

 検査を始めた2002年以降の10万件以上のデータを検証するとともに、検査工程で起きた不備の原因究明を進めます。患者への連絡は、医療機関と相談しながら対応を今後決めます。

 

 2017年3月25日(土)