読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■ファイザー、アナフィラキシー治療剤を自主回収 注射針が出ない恐れ

医療ニュース 医療健康ニュース

 

 食物、薬剤、蜂の毒などによる急性アレルギー症状(アナフィラキシー)の治療剤「エピペン」の一部製品に不具合があったとして、製薬大手ファイザー(東京都渋谷区)は13日、自主回収すると発表しました。

 エピペンは患者や家族などが自己注射してショック症状を和らげる治療剤で、太ももに押し当てると内蔵された針が出てくる仕組みですが、海外で針が出ずに正常に接種できなかった例が2件報告されたといいます。

 自主回収するのは、エピペン注射液0・3ミリグラムのうち製造番号が「PS00019A」となっているもので、使用期限は今年4月末。

 アメリカで製造されて世界で8万1694本販売され、日本においては昨年1月28日~3月24日までに5974本が出荷されました。

 これまでに不具合の報告は、日本ではありません。

 回収対象製品を持っている人は、処方された医療機関や薬局で代替製品と交換できます。

 問い合わせは、ファイザーのエピペン回収特設窓口0120・665・766。受付時間は平日午前9時〜午後5時30分。

 

 2017年3月13日(月)