読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■目の手術に使える人工硝子体を開発、網膜治療での負担を軽減 東京大と筑波大の研究チーム

 

 東京大学筑波大学の共同研究チームは、眼球の中を満たす「硝子体」に代わる人工組織を世界で初めて開発したと発表しました。

 この人工硝子体を使えば、網膜の手術後1週間程度は下を向いて過ごさなければいけない不便を解消できるといいます。ウサギで有効性を確かめており、2、3年後には人で治験を始めたいとしています。

 東京大の酒井崇匡(たかまさ)准教授(高分子科学)らが9日付で、イギリスの科学誌「ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリング」(電子版)に発表しました。

 硝子体は眼球の内容の大部分を占めるゼリー状の透明な組織で、眼球の丸みのある形を保ち、外力に抵抗する働きがあります。国内で年間約10万人が受けていると推計される網膜の手術では、硝子体を取り除き、最後に代わりのガスかシリコンオイルなどを眼球内に入れて患部を固定します。

 これらは、後に眼球内に染み出てくる水分より軽いため、目を正面に向けていると眼球上部に集まり、奥にある網膜の最も重要な部分である黄斑(おうはん)を確実に固定することができません。このため、患部が安定するまでの約1週間は黄斑にガスやオイルがきちんと当たるよう、うつむいて過ごす必要があります。オイルを入れた場合は後日、抜き取る手術も必要です。

 人工硝子体はゼリー状の特殊な有機化合物で99・5%は水分。眼球に染み出てくる水分となじみ、むらができないため下を向いている必要がありません。自然に分解されて体外に排出されるため、除去手術も不要です。

 筑波大の岡本史樹(ふみき)講師(眼科学)は、「無害で副作用はない。ウサギの眼球に1年間入れておいたが、視神経など周辺組織に異常はなかった」と話しています。

 

 2017年3月11日(土)