読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■国内2例目の赤ちゃんポスト、神戸市の助産院が設置を見送り 相談に限定した業務を開始へ

医療ニュース 医療健康ニュース

 

 親が育てられない子供を匿名で受け入れる「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)の国内2例目の設置を目指していたNPO法人こうのとりのゆりかごin関西」(大阪府箕面市)が、運用開始を当面見送る方針であることが4日、明らかになりました。

 設置を検討していたマナ助産院(神戸市北区)に常勤の医師がおらず、安全面などから神戸市側が慎重な姿勢をみせていました。

 ただ、赤ちゃんポスト設置と並行して模索していたマナ助産院での相談業務は、24時間態勢の電話や面談で望まない妊娠や出産をした母親ら向けに、9月にも始めるとしています。

 3日に厚生労働省や神戸市の担当者と市役所で面会し、こうのとりのゆりかごin関西が「相談に限定した業務のみを行う」と書面で伝えたといいます。

 赤ちゃんポスト設置を巡っては、匿名で健康状態が不明の子供を医師不在の助産院で扱う懸念が指摘されていました。こうのとりのゆりかごin関西は、産後の子供をケアしてきた経験豊富な助産師がいる上、必要に応じて顧問契約を結んだ嘱託医の助言を電話で得ることで対応していくとしていました。

 しかし、久元喜造市長が「新生児の対応には医師の介在が必要。医師法上の違反がないかどうか注意深く見守る」と述べるなど、神戸市は慎重な姿勢を崩さなかったといいます。

 こうのとりのゆりかごin関西の事務局は「6月の理事会まではコメントできない」としていますが、関係者はマナ助産院での当面の赤ちゃんポスト開設見送りについて「常勤医の問題がネックとなった」と理由を説明しました。

 赤ちゃんポストは2007年、熊本市の慈恵病院で国内初の運用が始まり、2015年度までに計125人の乳幼児を受け入れ、年間約6000件の相談を受けています。

 

 2017年3月4日(土)