健康創造塾

各種の健康情報を発信

■世界のうつ病患者3億2200万人、全人口の約4%に WHOが早急な対策を求める

 

 スイスのジュネーブに本部があり、健康状態を向上させるための国際協力組織である世界保健機関(WHO)は23日、世界でうつ病に苦しむ人が2015年に推計で3億2200万人に増加したと発表し、早急な対策が必要だと警告しました。

 WHOが発表した報告書によりますと、世界でうつ病に苦しむ人は2015年に推計で3億2200万人に上り、2005年からおよそ18%増加しました。

 これは世界の全人口の約4パーセントに当たり、WHOは、うつ病が世界的に一般的な精神疾患になりつつあると指摘しています。

 地域別では、中国、インドを抱えるアジア・太平洋地域で全体のおよそ48%を占め、日本にはおよそ506万人いると推計しています。厚生労働省によると、うつ病など気分障害医療機関を受診している人は2014年に約112万人ですが、WHOの統計は専門家による推計値のため、医師にうつ病と診断された人以外も含んでいます。

 また、うつ病は、男性より1・5倍、女性に多くみられ、年齢別では55歳から74歳の発症率が高いほか、15歳未満の子供の発症もみられるということです。

 このほか、WHOは、2015年の世界の自殺者は推計で78万8000人とし、そのうち、うつ病を死因とするのはおよそ1・5パーセントで、15歳から29歳の若年層の2番目の死因となっていると明らかにしました。

 WHOは、うつ病が人々の生産性を失わせることなどから、1年当たり10億ドルの経済的損失を生じさせているとも指摘。うつ病は治療や予防が可能だとした上で、早急な対策が必要だと警告し、発症が疑われる人々に対しては、信頼できる人に自分の症状を話すことをうながしています。

 

 2017年2月24日(金)