健康創造塾

各種の健康情報を発信

■インフルエンザウイルス抑制、梅酢ポリフェノールで特許取得 和歌山県田辺市など

 

 梅産地の和歌山県田辺市とJA紀南は22日、梅干しを作る際に出る梅酢から抽出した「梅酢ポリフェノール」の抗インフルエンザウイルス作用を生かした医薬品や食品の製造について、特許を取得したと発表しました。

 商品化を視野に、臨床試験も始まっています。

 22日、研究を主導したメンバーである和歌山大学食農総合研究所の三谷隆彦客員教授和歌山県立医科大学の小山一・博士研究員が、田辺市役所で特許内容を説明しました。

 梅酢ポリフェノールは微量で、A型インフルエンザウイルスの増殖を抑制し、感染力を弱める作用があります。人体への安全性も高く、すでに工業レベルで大量に製造する方法が確立されており、うがい薬、消毒薬、機能性食品、食品添加物、化粧品などへの利用が考えられるといいます。

 三谷客員教授らは、渋味や苦味がある梅酢ポリフェノールをうがい薬に活用するため、摂取しやすいように改良を加えて、2015年11月に顆粒(かりゅう)剤に加工。2015年12月~2016年4月に16歳以上65歳までの約30人を対象に、人体への安全性を調査し、異常は出ませんでした。

 臨床試験は、昨年12月から始めました。約300人に1日3~5回、60日間、顆粒剤を水で溶かしてうがい液として使用したり、そのまま口で溶かしたりしてもらい、インフルエンザやかぜ症候群をどの程度予防できるか調べています。

 臨床試験は、和歌山県みなべ町の東冬彦医師の主導で進められており、試験結果は今秋に判明する見通し。

 

 2017年2月23日(木)