健康創造塾

各種の健康情報を発信

■マルコメ、即席みそ汁145万袋を自主回収 外袋に異物混入

 

 長野市に本社がある食品メーカー「マルコメ」が製造・販売する即席みそ汁の外袋の中に、製造過程で使うシリコンゴム製の吸盤が混入している可能性があることがわかり、マルコメは20日、対象商品約145万個の自主回収を始めました。

 自主回収を始めたのは、マルコメが製造・販売している即席みそ汁で、「料亭の味みそ汁12食」、「料亭の味みそ汁減塩12食」、「料亭の味みそ汁減塩60食(12食×5袋入り)」、「料亭の味みそ汁12食輸出用」、「料亭の味みそ汁減塩12食輸出用」の約138万個と、ローソンで販売している「ローソンセレクト減塩みそ汁12食」の約7万個の6商品・計約145万個です。

 いずれも2016年12月26日~2017年2月17日に製造されたもので、輸出用の2商品は賞味期限が2017年12月24日〜2018年2月4日のものが、それ以外の商品は2017年6月24日〜2017年8月12日のものが対象となります。

 マルコメによりますと、19日夕方、製造工程で使われる直径2センチ、厚さ5ミリの乳白色のシリコンゴム製の吸盤16個がなくなっているのが見付かり、商品の外袋の中に混入した可能性があるということです。みそや具材の入った小袋に混入した可能性はなく、品質に影響はないとしています。

 これまでに健康被害の報告はないということです。

 マルコメは対象商品を店舗などから回収するとともに、すでに消費者が購入した分も商品を着払いで送付すれば、後日商品の代金を返金するということです。

 問い合わせは「マルコメお客様相談室」で受け付けており、電話番号は0120ー003ー576です。

 

 2017年2月20日(月)