読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■新たなiPS細胞を提供、日本人の3割カバーへ 京大iPS細胞研究所

医療ニュース 医療健康ニュース

 

 健康な提供者の血液から医療用のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製する「iPS細胞ストック事業」で、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長は2日、4月から2種類目の細胞提供を始めることを明らかにしました。

 都内で開かれた日本医療研究開発機構のシンポジウムで発表しました。

 4月から提供されるiPS細胞は、日本人の13%の免疫の型をカバーします。すでに提供され、日本人の17%の免疫の型をカバーしている1種類と合わせ、日本人の3割に相当する3千数百万人の免疫の型をカバーできる見込み。

 計画では、その後さらに種類を増やし、2022年度末までには75~150種類のiPS細胞を提供。日本人の8~9割の免疫の型をカバーして、拒絶反応が起きにくい移植ができるようにするといいます。

 iPS細胞ストック事業は、拒絶反応が起きにくい特殊な免疫の型を持つ人に協力してもらい、iPS細胞を前もって作製して、再生医療用に保管し、外部の研究機関に提供します。現在提供しているiPS細胞を網膜の細胞に変え、目の病気の患者に移植する臨床研究が1日、厚生労働省再生医療等評価部会で了承されました。

 一方、iPS細胞研究所では昨年11月、新生児のへその緒に含まれる臍帯(さいたい)血から医療用のiPS細胞を作製する過程で、本来は使用しない試薬が使われていた可能性があるとして、1月23日に人への使用を目的とした臨床応用を前提にしたケースについては、iPS細胞の提供を停止しました。

 山中所長によると、再発防止のため民間企業タカラバイオと連携して管理体制を強化し、1月末に作製を再開したということで、9月ごろの提供の再開を目指しています。

 

 2017年2月4日(土)