読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■カロリー制限、寿命を延ばす効果ありとの結論を発表 アメリカの2研究所、サルで実験

医療ニュース 医療健康ニュース

 

 カロリー制限は健康を向上させて寿命を延ばす効果があるとする研究結果をアメリカのの2つの研究チームがまとめ、17日付のイギリスの科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表しました。

 2つの研究チームは1980年代後半から200匹近いアカゲザルで実験を続け、効果を巡って相反する結果を発表していましたが、共同で実験データを再解析し、「寿命を延ばす効果あり」で結論が一致したといいます。

 2つの研究チームは、アメリカのウィスコンシン大学と国立加齢研究所。いずれも、好きなだけ食べさせる集団と、それよりも摂取カロリー量を3割減らした集団で生存年数などを比較する実験をしていますが、ウィスコンシン大学は2009年と2014年に「効果あり」、国立加齢研究所は2012年に「効果はなかった」と発表していました。

 今回、2つの研究チームで2015年7月までの互いの実験を比べると、カロリー制限を始めた年齢がウィスコンシン大学は大人の7~15歳なのに対し、国立加齢研究所は1~23歳と幅広くなっていました。

 このため、国立加齢研究所のデータについて、実験開始時の年齢を若年(1~14歳)と中高年(16~23歳)に分けて改めて解析すると、若年でカロリー制限を始めた場合は寿命が延びる効果はみられませんでしたが、中高年で始めた場合は効果がみられ、特にオスは平均寿命の推計が全体よりも9歳ほど長い約35歳だったといいます。

 また、2つの研究チームの解剖データを調べたところ、開始年齢や性別にかかわらず、カロリー制限をした集団のほうが、がんの発生率が15~20%ほど低くなりました。糖尿病や脳卒中など加齢に伴う病気も、より遅く発症していました。

 東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人研究部長(老化制御)は、「論争に一つの終止符が打たれた。約30年に及ぶカロリー制限の研究データは、人間にも置き換えることができそうだ」と話しています。

 

 2017年1月18日(水)