読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■インフルエンザ、注意報レベルを超え流行本格化 1週間で患者数81万人に

 

 インフルエンザの流行が、全国的に本格化しています。国立感染症研究所は13日、1月2~8日までの直近の1週間に全国約5000の定点医療機関から報告された患者数が1カ所当たり10・58人に上ったと発表し、4週間以内に大流行が発生する可能性がある「注意報レベル」の10人を今季初めて超えました。

 流行のピークは例年1月下旬から2月上旬であり、国立感染症研究所は手洗いの徹底などの対策を呼び掛けています。

 国立感染症研究所によると、全国約5000の定点医療機関からの患者報告数は、前週より約1万人増えて約5万2000人。1カ所当たりの患者数を都道府県別にみると、岐阜県(19・87人)、秋田県(18・30人)、愛知県(18・25人)、沖縄県(17・93人)、茨城県(17・30人)、滋賀県(15・15人)、福井県(13・69人)などと、25道府県で10人を超え、42都府県で前週より患者が増えました。

 全国の患者数は、前週より約20万人多い約81万人に上ると推計されました。

 検出されたウイルスは、直近の5週間ではAH3(A香港)亜型が最も多くなりました。この型は高齢者が重症化しやすいとされ、1月の入院患者は約6割が70歳以上。

 国立感染症研究所感染症疫学センターの砂川富正室長は、「高齢者が入所する施設では集団感染を引き起こし、重症化を招く恐れがある。体調が悪い人は見舞いを控えるなど注意してほしい」としています。

 また、砂川室長は、「今は受験シーズンにも当たる。大学入試センター試験などを控えている受験生はもちろん、一緒に暮らす家族も、手洗いの徹底や外出時のマスク着用、無用な人混みへの外出を避けるなど、予防を心掛けてほしい。また、受験生の子供を持つ親世代の患者が多いので、発症した家族は別室で休んだり、タオルの共用を避けたりして感染の拡大を防ぐほか、受験生自身も睡眠をしっかり取るなど体調を整えてほしい」と話しています。

 

 2017年1月13日(金)