読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■インフルエンザ、1月中旬に本格化する恐れ 直近の週の推定患者は42万5809人

医療ニュース 医療健康ニュース

 

 2017年に入り、インフルエンザの推定受診者数は増加がみられました。学校の冬季休暇が終了する1月中旬以降はさらに急増し、流行は本格化していくものと予想されます。今後ともインフルエンザの患者発生の推移には注意が必要です。

 薬局での調剤情報を集計することでインフルエンザ患者数を推計する調査である薬局サーベイランスによると、2017年1月2日〜8日の全国のインフルエンザ推定受診者数は42万5809人であり、前の週の推定受診者数の33万1971人よりも増加しました。

 1月9日の推定受診者数は休日の影響もあって3万2709人と少ないですが、全国の大半の学校で冬休みが終わる1月10日以降は患者数が急増し、流行は本格化していくものと予想されます。

 都道府県別では、人口1万人当たりの1週間の推定受診者数は、福井県、北海道、徳島県秋田県広島県、栃木県、岐阜県大分県、静岡県、東京都、三重県富山県岡山県の順となっています。

 今シーズン累積の推定患者数は175万5373人で、日本の人口推計値1億2695万人(2016年11月1日現在)で換算すると、累積の罹患率は1・38%となります。

 累積の罹患率の年齢群別では、10〜14歳(3・72%)、5〜9歳(3・52%)、15〜19歳(2・72%)、0〜4歳(2・36%)、20〜29歳(1・75%)、30〜39歳(1・45%)、40〜49歳(1・27%)、50〜59歳(1・10%)の順となっています。

 冬休みの影響によって1月2日〜8日の週は5〜14歳の年齢群の割合が低下していますが、学校などの再開によって今後は急増していくものと予想されます。

 国立感染症研究所によると、今シーズンのこれまでのインフルエンザ患者由来検体から検出されたインフルエンザウイルスは、AH3(A香港)亜型が89・3%と大半を占めており、次いでAH1pdm09が7・8%、B型が2・9%の順となっています。

 

 2017年1月11日(水)