健康創造塾

各種の健康情報を発信

■アトピー性皮膚炎、かゆみを起こすタンパク質を特定 九州大学が発表

 

 アトピー性皮膚炎のかゆみを引き起こす源となるタンパク質を、九州大学生体防御医学研究所の研究チームがマウス実験で突き止め、9日付のイギリスの科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」電子版に発表しました。

 研究チームは、「将来、かゆみを根本から断つ治療薬の実現も期待できる」としています。

 従来の研究で、かゆみを直接引き起こすのはリンパ球の一種から分泌される「IL(インターロイキン)31」というタンパク質で、アトピー性皮膚炎患者の血中では健常者と比べて10倍以上多いことが知られていました。血中の免疫細胞が刺激されると大量に生じますが、その詳しい仕組みは解明されていませんでした。

 研究チームは今回、皮膚炎を発症したマウスと健常なマウスで、免疫細胞のタンパク質を詳しく解析。皮膚炎を患うマウスでは、タンパク質「EPAS(イーパス)1」の量が5~10倍でした。

 EPAS1を健常なマウスの免疫細胞に注入してみると、IL―31が増えました。逆に、皮膚炎のあるマウスを遺伝子操作してEPAS1を抑制すると、IL―31も減りました。アトピー性皮膚炎患者の免疫細胞を培養して行った実験でも、同様の結果だったといいます。

 こうした解析や実験により、EPAS1がIL―31の増減を左右し、かゆみを引き起こす源となっている、とチームは結論付けました。

 研究チームの福井宣規(よしのり)教授(免疫遺伝学)は、「これまでは対症療法しかなかったが、EPAS1をつくらせないような薬剤を開発し、新しい治療法の選択肢を示したい」としています。

 アトピー性皮膚炎は現在、国民の1割前後が患っているといわれていますが、厚生労働省が3年に1度行っている調査によると、2014年度に医療機関を受診した患者数は過去最高の45万人に上り、約30年前に比べて2倍にまで増えています。

 

 2017年1月10日(火)