健康創造塾

各種の健康情報を発信

■うつ病による病気休暇、復帰後2年で約4割が再取得 厚労省研究班が35社を調査

 

 うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約4割が、復帰後2年以内で再発し、病気休暇を再取得していたとする調査結果を、厚生労働省の研究班(代表者、横山和仁・順天堂大教授)がまとめました。

 約半数は、復帰後5年以内で再取得していました。仕事への精神的な負担が大きな職場ほど再取得のリスクが高いことも、裏付けられました。専門家は社員の職場復帰について、企業が慎重に取り組むよう訴えています。

 調査は、社員1000人以上の大企業など35社を対象に、2002年4月からの6年間にうつ病と診断され、病気休暇を取得した後に復帰した社員540人の経過を調べました。その結果、うつ病を再発して病気休暇を再取得した人の割合は、復帰から1年で全体の28・3%、2年で37・7%と高く、5年以内で47・1%に達していました。

 職場環境について、仕事への精神的な負担を調べる検査「ストレスチェック」を職場メンバーに実施した結果、負担が大きいと感じる人の多い職場ではそうでない職場に比べ、病気休暇の再取得のリスクが約1・5倍高くなりました。

 病気休暇の期間では、1回目の平均107日に対し、2回目は同157日と1・47倍に長くなっていました。1回目の病気休暇の期間が長い場合や、入社歴が高くなるほど、2回目の病気休暇の期間が長くなる傾向もみられました。

 調査した東京女子医大の遠藤源樹助教(公衆衛生学)は、「うつ病は元々再発しやすい。企業は、病気休暇の再取得が多い復帰後2年間は、特に注意を払い、時短勤務などを取り入れながら、再発防止に努めてほしい」と指摘しています。

 

 2017年1月8日(日)