読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■ピーナツアレルギー、生後4~6カ月で摂取し予防 アメリカ国立保健研究所が指針

医療ニュース 医療健康ニュース

 

 アメリカの国立保健研究所(NIH)は5日、ピーナツアレルギーを防ぐため、医師に相談した上で生後4~6カ月からピーナツを含む食品を食べさせたほうがよいとする指針を発表しました。

 指針によると、強い卵アレルギーや皮膚炎がある乳児には、医療機関で検査を受けて問題がなければ、生後4~6カ月にピーナツ成分を含む食品を与え始めます。軽い皮膚炎のある乳児には、生後6カ月ごろから与え、特にアレルギー体質でない乳児は自由に食べてよいとしました。

 イギリスやアメリカの国際研究チームが2015年に発表したアレルギー体質の乳児600人以上を対象にした調査で、ピーナツを含む食品を早めに食べさせて慣らすことで5歳時での発症が約8割抑えられることを示し、今回の指針の策定につながりました。

 アメリカでは小児科学会が2000年に出した指針で、食物アレルギーの恐れが高い乳児は3歳までピーナツなどを避けるよう勧めていましたが、その後研究が進み、指針は2008年に撤回されていました。

 日本でも国立成育医療研究センターが昨年12月、アトピー性皮膚炎の乳児に6カ月から硬くゆでた卵の粉末をごく少量ずつ食べさせると、1歳になった時には卵アレルギーの発症を約8割減らせたとの研究結果を発表し、アレルギーの原因となり得る食品でも、早期からの摂取で発症予防につながる可能性を示しました。

 

 2017年1月7日(土)